治療方針

できるだけお薬に頼らずに、自分自身の力で回復していただけるように、患者さんとともに歩んでいきたいと思っています。もちろん必要な方には充分な投薬を行ないます。当院はすべて院外処方です。

食事養生を大切に

治療方針としていますのは、薬には出来るだけ頼ることなく、人間本来の自然な治癒力を生かした方法を優先するということです。もちろん必要な投薬は行ないますが、生活様式(食事や運動)によって改善していただくようにしています。
 そのため、出来るだけお話を詳しくお聞きして、充分な説明をするように心掛けています。

質の高い、満足度の高い医療を提供したい

私一人の医者としては、できることは限られていると思いますが、学会出席・各種研修会・ネットなどを利用してできる限り豊富で充実した知識を得るように心がけています。また、周囲の専門医と連携を密にして、患者さんに適切な医療を提供できるように努力しています。

エコー・胃内視鏡検査など

できるだけ苦痛が少なく、質の高い検査を提供したいと思っています。

在宅医療について(往診など)

通院ができなくなった方、自宅で最期を迎えようと思う方に、在宅医療を行っています。病院勤務医時代は消化器外科医として、悪性疾患の手術・治療・ターミナルケアに携わってきました。その経験を生かし、今は一開業医として、ご自宅で最期を迎える方の在宅看取りを実践しています。在宅での介護はご家族にとって相当な精神的肉体的な負担があります。お悩みのことがあればご相談ください。
 

 
PAGE TOP