医師のご紹介

院長 大森浩二

院長 大森浩二

1983年(昭和58年) 京都府立医科大学を卒業
同年、第2外科入局 (消化器外科、心臓血管胸部外科、腎移植内分泌外科、麻酔科をローテーション)
1985年 鞍馬口病院外科(現在、京都鞍馬口医療センター)
1987年 京都府立医科大学第2外科消化器班
1988年 JR大阪鉄道病院外科
1989年 京都府立医科大学第2外科消化器班助手
1993年 京都府立与謝の海病院外科(天橋立の横)
1996年 大森医院継承

当院は、昭和30年に現在地で父が診療を開始しました。78床の外科病院として虫垂炎手術をたくさん手がけていました。
平成7年(1995年)に無床診療所にして現在に至っています。

副院長 大森敦子

副院長 大森敦子

1984年(昭和59年)大阪医科大学を卒業
同年、京都府立医大耳鼻咽喉科へ入局、その後第2赤十字病院、伏見分院、大津市民病院など勤務の後、平成12年より大森医院で耳鼻咽喉科を診療

 
PAGE TOP