検査

内視鏡検査の実際

一般に、胃内視鏡検査(胃カメラ)は大変辛いというイメージがあるかもしれません。
当院ではなるべく辛くないように工夫しています

たとえば、胃内視鏡を鼻から挿入する経鼻胃内視鏡検査では、10人中9人まではゲーとなることはほぼありません。
口からではないので、検査中にお互いにお話をしながら行っています。
内視鏡が細く(最大径5.9mm)、また鼻に十分麻酔を施してから行うため、痛みも軽いことがほとんどです。

外来でご相談下さい。

経鼻胃内視鏡について

内視鏡は、全例毎回内視鏡自動洗浄器で十分確実に洗浄消毒を行っています。
内視鏡をする前に、鼻が痛くないように鼻を前処置(鼻粘膜収縮剤、局所麻酔剤、内視鏡と同じ太さのビニールチューブで鼻慣らし)します。約200人にお一人くらいですが、鼻から入らない方があります。その場合は、経口的に行います。
 

 
PAGE TOP