大岩医院ホームページ

神経内科で取り扱う主な疾患

  脳卒中 ( 脳梗塞,脳出血 )
  パーキンソン病などの変性疾患
  頭痛 ( 片頭痛,群発性頭痛,緊張型頭痛 )
  めまい,ふらつき
  手足のしびれ,ふるえ
  認知症 ( アルツハイマー病,血管性認知症 )
  てんかん,けいれん


神経内科とは


− 時代が要請している, 現在最も注目されている診療科 −

 

神経内科という名前は,一般の方にはわかりにくいようです.
精神科,神経科,心療内科とどう違うのかとよく言われます.
精神科,神経科,心療内科は,気分の変化や,精神的な病気 ( うつ病, 統合失調症など ) を扱う科です.神経内科は内科の一分野であり,脳,脊髄,末梢神経,筋肉などに関連した疾患を内科的に診察します
具体的な疾患は上記に示しました.
大岩医院は,神経内科の中でもとくに患者数が多く,社会的にも関心の高い脳梗塞の予知・予防を集中的に行っています. 高血圧,糖尿病,高脂血症,不整脈,心疾患を専門的に扱い,頚動脈エコー,心エコー,ホルター心電計,血圧・脈波伝播速度 ( ABI ・ PWV ),頭部 MRI ・ MRA などを用いてきめ細かく治療します. 頭部 MRI ・ MRA は,長年在籍していた京都第二赤十字病院と連携をとり,迅速に検査します.

Copyright 2004 oiwa All right reserve.