TEL:075-693-8677
FAX:075-693-3677

shimominami-ikai@ishikai.or.jp
受付時間:9時~17時(月~金)
※祝日・年末年始を除く

京都市下京区・南区・東山区在宅医療・介護連携支援センター

センター概要

在宅医療・介護連携支援センターとは?

在宅医療・介護連携支援センターは、地域の医療・介護関係者の効果的な連携をサポートすることで、
在宅療養者が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりを促進します。

在宅医療・介護連携支援センターとは

TEL:075-693-8677 
FAX:075-693-3677

shimominami-ikai@ishikai.or.jp

受付時間:9時~17時(月~金) 
※祝日・年末年始を除く

在宅医療・介護連携支援センターの主な役割

在宅医療と介護に関する相談窓口の設置

医療・介護関係者からの在宅医療や介護に関する相談に対して、コーディネーターが必要な情報提供や支援・調整を行います。

相談窓口のご案内

地域の医療・介護資源の把握

医療資源(病院の機能・在宅療養支援診療所・歯科医院・薬局・訪問看護ステーション)と介護資源(介護サービス)の情報を収集し、関係者間の連携・調整に活用します。

地域住民への普及啓発

地域住民の皆さまを対象に、在宅医療と介護への理解を深めるとともに、専門職等の支援を得ながら、在宅での療養が可能であることをセミナーを通じてお伝えします。

医療・介護関係者への研修

地域の医療・介護関係者を対象とした在宅療養と介護連携に関する研修等を開催します。

相談窓口のご案内

在宅医療・介護連携支援センターの主な役割のひとつに相談窓口業務があります。
医療・介護サービス関係者のみなさまの在宅療養生活に関するお悩みの解決を支援します。

医師

・かかりつけの患者に専門性の高い領域(皮膚科・耳鼻咽喉科・眼科等)の往診をお願いできる医師を探してほしい。

ケアマネジャー

・医療依存度が高い利用者の在宅療養にはどのような準備が必要ですか?

・介護保険サービスの限度額超過をしてしまうので、医療保険対応してくれる訪問リハビリの事業所の情報がほしい。

病院(地域連携室等)スタッフ

・在宅での緩和ケアや看取りを積極的に行っている医師を探したいけど、なかなかみつからない。

訪問看護師

・状態に応じて服薬管理を支援してくれる訪問薬局はありますか?

よくあるご質問

センターが比較的よくお受けするご質問やご相談内容をQ&Aにしています。ぜひご参考下さい。

在宅医療と介護の連携推進を目的としていることから、原則、医療・介護関係者からの在宅医療・介護連携に関する相談に応じます。

原則、地域住民の方から直接相談をお受けすることはできません。
しかし、ご相談頂いた際は、その内容により、地域包括支援センター等の関係機関にお繋ぎして、適切に対応します。

在宅医療・介護連携支援センターにはコーディネーター(介護支援専門員資格)を配置していますので、まずは、お電話やFAX、メールにてご相談ください。

相談には費用はかかりません。

介護保険法による事業実施のため、原則65歳以上の第一号被保険者もしくは40歳以上の特定疾病に係る第二号被保険者の方々が対象です。